ちょっとしたつぶやきです。


by epstain
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

鯖のカレー煮

b0016423_948271.jpg
わたしは高校2年の時から腹膜透析を5年、その後、硬化性腹膜炎になり、血液透析に切り替わってから早7年経ちますが、いつもリンのコントロールに悩まされています。

リンはどんな食物にもほとんど含まれている成分なので、全部が全部制限するのは無理なのですが、特にリンの高い食べ物(乳製品やいも類、豆類など)は食べないように気をつけていたのに、2月初めの採血で8.1になってしまいました。(泣)

その2週間前の採血では6.1だったのに、同じ生活パターンをしていたのに上がったのがショックで半ばノイローゼ気味になり、主治医にグチをぶちまけたら添付ファイル付きのメールがきました。

「何かな?」…と思ったら、栄養成分を計算できるソフトで、しばらく計算してみてとのこと。
「めんどくさいなぁ…」と思いつつもやってみることに。

…すると、2週間後の採血でリンが4.0に下がってました!!
嬉しい反面、「今までの努力はなんだったんだろ…?」という虚しい気持ちに。
そんなに食べていないつもりだったのに、実際は食べてたってこと!?

そんな結果を受けて、しばらくこの生活を続けてみることにしました。
まぁ、ダイエットにもなるかもしれないし?(笑)

わたし、リンの制限もですが、昨年膵炎を起こした関係で今は脂質制限もあるんです。
なので、カロリーはしっかり摂りつつ、制限もしなきゃいけないのがなかなか難しいんです。
透析患者さんは、油でカロリーを摂ってることがほとんどなので。

実家で生活しているのでいつもママが家族全員のゴハンを作っていて、わたしは手伝う程度でしたが最近は自分のおかずは家族の分とは別に計量して作らなきゃいけないので、自分で作るようにしています。

で、最近作ったのが 「鯖のカレー煮」 。
わたし、鯖みそが大好きなのですが、味噌煮は塩分が多いので控えた方がいいってことで。
カレー粉を使って和風で煮込んでみました。
「キューピー・ジャネフ-美味元気レシピ」に載ってます。
http://www.qp-janef.jp/

今まではお醤油も普通の醤油を使っていたのですが、カリウム・リン・塩分がカットされた「だしわり醤油」を使うようにしています。

http://www.nisshin-chiryou.com/products/diabetes/diabetes_07.html

これだと醤油のしょっぱさよりもだしが効いていて醤油を使うよりもおいしいです。
醤油に慣れてしまってる人には物足りないかも知れませんけどね・・・。(苦笑)

こんなにキッチリ計算して食事の管理をするのは、まだ透析に入る前、わたしが小学生・中学生だったころ以来なのでなつかしい感じです。
もちろん、当時はわたしではなくママが計算して作っていましたけど。

キッチリ測って計算して作るのはなかなか大変ですが、その中に楽しみを見出してやっていきたいです。

幸い、わたしはカリウムは上がらない体質で、下処理(茹でこぼし)の必要がなく、野菜や果物は何でも食べられるのでありがたいです♪
[PR]
by epstain | 2008-02-29 09:51 | 透析Life