ちょっとしたつぶやきです。


by epstain
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 213 )

3月25日(火)夜ゴハン。

b0016423_7282882.jpg

今日は透析。
朝、ママに「今日は鰆があるョ」ってゆわれてたから、鰆をどーしよーか透析中にずっと考えてたゎ。
和風にしよーか、洋風にしよーか、中華風にしよーか。(笑)
結局、「和風」にしました。
鰆の甘辛照り焼き パスタサラダ ほうれん草のお浸し トマト

今が旬の鰆、美味しかったぁ~♪
[PR]
by epstain | 2008-03-26 07:28

良性でしたっ!!

本日のわんこ。

夕方、O動物病院のS先生から電話がありました。

組織検査の結果がでたそうデス。

MELLの腋窩部の しこり は

「血管腫」 というモノで、 良性 のモノでした。

「血管肉腫」だと、悪性なんだそうデス・・・。


とにもかくにも、結果が良性でヨカッタです!!



・・・MELLさんはというと。






元気ないデスわ。(涙)

前回の手術の時は、術後5日間ほど病院にいたので
わたしたち家族はMELLのイチバン辛いときを見ていないんです。
だから、余計に辛そうに見えてしまうのかもしれません。

MELLはトイレを済ませる時だけしか動きません~。
ごはんも "あげれば辛うじて食べてる" ・・・という感じ。(苦笑)

昼間は人間が誰もいなくなってしまうので、他の2ワンが
MELLに良からぬことをしないよう、MELLだけをいつも寝ている和室にいれて
2ワンが侵入できないよう、柵を取り付けてます。(苦笑)

あまり動かなくて済むように、ごはんも和室まで持っていってあげてます。

MELL自身もあまり動きたくないみたいなので、そっとしてあげてるのですが
まぁ、もう少し様子を診ていくしかないのかな?…という感じデスね。(涙)

人間だって、術後1週間は痛くて辛いですからねぇ。(苦笑)

ま、とにかく良性だったので、ホッとひと安心です!!

みなさん、ご心配をお掛けしました~!!

[PR]
by epstain | 2006-04-04 21:53

2回目のオペ。

本日のわんこ。

昨日、MELLさんの2回目のオペがありました。
例の しこり を摘出するオペです。

朝イチバンで病院に入り、オペが行なわれました。
しこりが1cmにつき、周囲3cmは切除しなければならないそうで
MELLさんのしこりは2cmほどの大きさなので
結局、10cmほど切られていました・・・。(涙)

b0016423_075114.jpg

今回は、おなかのオペの時のように隠れないので
傷口がむき出しで何とも痛々しいデス。

ちょうど脇の部分で、よく動かす場所だから
傷口も治りにくいでしょう・・・と、S先生にも言われました。

















b0016423_08417.jpg

なるべく動かないように・・・と言われましたが、それは難しいですよねぇ。(苦笑)


今は術後1日目なので、さすがにまだ痛いみたいで
大人しくしていますけど、だんだん痛みが取れてきたら動くだろうなぁ。。。


切除したしこりの組織検査の結果は、来週中にはわかるそうです。








・・・ちなみに。
胃の手術をしてから、体重が少し増えてました。(苦笑)

ごはんの回数が2回から3回になり、全体的に
ごはんの量が増えたのだと思われるので、ちょっと減らすことにしました。(笑)

手術をして、胃の出口が拡がったからなのか、食欲が旺盛だこと。(苦笑)

元気になったのはいいのですが、前よりも
喰い意地が張ってしまい困っています・・・。

なんせ、BEBEたんとLIZZくんのごはんまで横取りしようと狙ってるのデス。(涙)
卑しくてやぁね~・・・。(苦笑)

あぁ・・・MELLさんの "エリザベス生活" も
かれこれ1ヶ月になろうとしています。(涙)

本人(犬)も辛いでしょうけど、人間も結構辛いんです。(苦笑)

エリザベス付きの頭で突進されると、かなり痛いですし、
何せニオイがタマランのです・・・。(涙)
またしばらくは、お風呂にも入れてあげられないしぃ~。
うぅ・・・早く治ってくれないかしら。
[PR]
by epstain | 2006-04-02 00:10

抜糸。

本日のわんこ。

MELLを連れて 「O動物病院」 に行ってきました。

今日は抜糸をする日でした。
夕方の診察時間に合わせて、MELLを車に乗せ、お母ちゃんと病院へ。

土曜日の夕方は混雑するのですが、今日はいつもよりか空いていました。

30分くらい待ったところで、呼ばれて診察室へ。
いつもの看護婦さんに迎えられ、MELLもすっかりお馴染み顔。(苦笑)
でも、診察はイヤなのね・・・。(笑)

なんせ、診察台に乗せるだけでひと苦労。
しかも体重を測るにしても、ジッとしててくれないので大変。(涙)

さて、抜糸ですが、軽く麻酔をかけて行なう・・・と聞いていたのですが
麻酔もかけずに、そのまんま、やりました。(笑)


S先生が 「MELLちゃん、ゴロンできるかな?」 と聞くので

・・・先生、そりゃ無理ですよ。(苦笑)


大嫌いな診察室で、そんなリラックスムードになれる訳がナイじゃないですか。(涙)


仕方ないので、診察台におすわりをした状態で、
看護婦さんにがんじがらめにされ、抜糸をすることに。

まぁ~、ギャンギャン泣いて騒いで、大変でした・・・。(苦笑)
まだ、傷口が完全ではないトコがあるみたいで
今回は全部抜糸した訳ではなくて、少し残してあるんだそうです。

b0016423_0563911.jpg




あんなに泣いておなかが動いている状態で、よく抜糸ができるなぁ・・・と
感心しちゃいました。
さすが、獣医さんですね。(笑)













・・・ホンでもって。


MELLのカラダにある、2個の "しこり" なのですが
おなかにあるしこりは 「脂肪腫」 といって、脂肪のカタマリなので
そのまま放っておいて大丈夫なのだそうです。

問題は、脇のトコにあるしこり。
こちらは、どうやら血液のカタマリみたいな感じで、
「血管肉腫」 の可能性があるので、切除するのが望ましいのだそうです。

b0016423_111967.jpg

b0016423_1112892.jpg

b0016423_1114286.jpg


そこで、スケジュールをどうしようか? ・・・という話になりました。
胃の手術をしたばかりだし・・・と考えたのですが
今日取らなかった、残っている抜糸をすることを考えて
今月の31日 にしこりを切除する手術をすることになりました。

そのときに、残りの抜糸も一緒にやってしまうそうです。
そうすれば、MELLちゃんもイヤな思いをしなくて済むでしょ。(笑) ・・・とS先生。



MELLさん、もうひとガンバリです・・・。(涙)

[PR]
by epstain | 2006-03-19 01:18
本日のわんこ。

MELLさんですが、足の具合はだいぶ良くなってきたようすで
けっこう普通に歩いています。

食欲もガッツリですし。(笑)

今週の金曜日には、おなかの抜糸をしに行きます。
まだ、心配なので半分だけ抜糸ですけどね。
いきなり全部抜糸して、激しく動き回って傷口が開いたら大変ですし。(苦笑)


・・・でも、先日 「O動物病院」 の 「S先生」 から、
こんな↓↓↓内容の留守番電話が入っていました。



「先日の皮膚の検査の結果がでましたので・・・またご連絡します。」
 

・・・とのことでした。

"皮膚の検査" ・・・?
何じゃらホイ? 胃の中の粘膜の病理組織検査のこと?
でも、それだったら、こないだ結果が出て、 「慢性胃炎」 って言われたよね~?



・・・と、お母ちゃんとふたりで首を傾げていましたが
とりあえず、O動物病院に電話をかけました。

どうやら、S先生は先日MELLの胃の手術をした際に、カラダの他の部分にも
どこか悪いところがないか、念入りにチェックしてくださったようなのです。

その結果、 「腸も、肝臓も、胆のうも異常ナシ」 とわかったのですが、
MELLさんには数年前から、おなかと前足の付け根の辺りに
しこりのようなモノがあるんです。

それは、家族全員が認識していたのですが
ヘタに手術とかしてしまって、余計に具合悪くなってしまったわんこを
何匹か知っていたので、獣医さんには言わないでいたのです。

今回、MELLが胃の病気でS先生に診てもらうようになって
初めて打ち明けたのでした。(苦笑)
でも、おなかのしこりは、S先生が診察した限りでも
 「たぶん脂肪のカタマリでしょう」 ・・・とおっしゃっていたのでした。

前脚の付け根のしこりに関しては、わたしたちは
まったく話していなかったのですが、たぶん、胃の手術をした時に
S先生が気が付かれて検査に出したのだと思います。(笑)

すると、おなかのしこりは脂肪のカタマリなので、大きささえ大きくならなければ
問題ないそうなのですが、前足の付け根にあるしこりは
どうやら切除した方が良いみたいなのです・・・。(苦笑)

詳しい話は、金曜日に抜糸をしに行った際に説明します、とおっしゃっていました。


うーん・・・また何か悪い病気なのかしら???(涙)
また手術!?
もう、勘弁してくださいよ~。

金曜日が恐ろしいですわ。(涙)
[PR]
by epstain | 2006-03-15 22:24

軽いねんざ?

本日のわんこ。

今朝もMELLのようすはオカシイです。

歩くときはびっこ引いて歩いて、立ってるときは前脚を
地面につけてるのが辛そうな感じで、
尻尾も垂れ下がって、元気がないようす。


オカシイねぇ・・・
    どうしたんだろうねぇ・・・


家族もみんな心配顔です。


しかも、今日は日曜日。
動物病院も午前中しか診察をしていません。

"やっぱり連れて行ったほうがいいよね"


家族会議(?)の結果、病院に連れて行くことになりました。

結局、わたしとお母ちゃんふたりで連れて行くことに。
日曜日の病院は、ただでさえ午前中のみの診察時間なうえ、
平日になかなか来られないオーナーさんが来院するので、大変な混雑ぶり。(涙)
"待ち時間は2時間" ・・・なんて、よくあること。
とても、とても、わが家のお父ちゃんには耐えられません。(苦笑)


わが家のかかりつけの病院 「O(オー)動物病院」 (仮称)には
獣医さんが3人いて、それぞれ担当医制です。
わが家は、MELLもBEBEも S先生 に診ていただいています。
(LIZZくんはまだ、O病院には一度もかかったことがないのです・・・)

9:00ちょっと過ぎに家を出て、病院まで車で10分ちょっと。
病院に到着したら、もうすでにたくさんの患畜がいました。

b0016423_2255288.jpg

待合室でのMELL。

病院が嫌いなので、ちっとも落ち着きません。
ハァハァと過呼吸を起こしている感じ。(苦笑)
足が痛いんだから、"おすわり" なり、 "伏せ" なり
ジッとしていればいいのにねぇ・・・。

かれこれ1時間ちょっと待って、MELLが呼ばれ
まず、足のレントゲンを撮ることに。










結果が出るまで、またしばらく待つこと15分くらい。
診察室に呼ばれて、S先生とお話。

結果・・・レントゲンに写る、骨や関節に異常は見られないそうです。
骨が折れていたり、関節が変形していたり・・・と、そういった異常はナシ。

ただ、じん帯などはレントゲンでは写らないのだそうで
じん帯がどうなっているかはわからないそうです。

まぁ、今のところの症状をみた感じだと "軽いねんざのようなモノ" では?

・・・というのがS先生の見解でした。

あと4~5日したら、おなかの傷を半分だけ抜糸をしなければならなくて
軽く麻酔をかけて行なうそうなので、そのときに足もちゃんと診られるみたいです。

今日の状態では、MELLがどこを触ってもギャンギャン泣くので
どこが本当に痛いのか、がわからないのだそうです・・・。(涙)
困ったわんこだこと。(苦笑)

どっちにしても、しばらくは大人しくさせておく必要があるそうです。

b0016423_22591724.jpg

幸い、本人(犬)も痛いからか、
ごはんのとき以外は、ほとんど
横になって寝ているので、
助かっています。



何だか、一気に歳をとってしまった
みたいです・・・。(苦笑)
犬の10歳といったら、今の時代
「まだまだこれから」 ですよね~?
(涙)
[PR]
by epstain | 2006-03-12 23:05

MELLさん、カムバック。

本日のわんこ。

本日、MELLさんがわが家に帰ってきました~。


夕方の診察時間にお父ちゃんの運転で、家族3人でお迎えに行きました。

ものすごい喜びようで、よっぽど病院がイヤだったのか、先生も思わず苦笑。

ごはんは1日3回、今まで食べていた量の半分から始めていって、
うんちが異常なければ、少しずつ元の量に戻していくことになりました。

MELLはトイレは外に行かないと絶対にしない子なので・・・・・・・と先生にお話したら
「おしっことうんちをさせたら抱っこして帰ってくるくらいの気持ちで
すぐに帰ってきてくださいね」 
・・・とのことで、お外に出る許可をいただきました。

でも、抱っこはムリだよなぁ・・・。(苦笑)


今回の件で700gくらい痩せたのですが、それでも15kg弱ありますのよ。(笑)

病院から帰ってきてさっそく、うんちに行きたそうだったので
お父ちゃんが外に連れてって用を足したのですが
まぁまぁ、いいうんちをしていたのでホッとひと安心。

帰ってきたときのBEBEたんとLIZZくんは
喜んでいましたが、思った以上に大騒ぎにはならなかったので良かった♪

・・・LIZZくんはMELLが帰ってきて一目散に玄関に迎えに来たのですが
MELLの顔には "傷口を舐めないように" と 「エリザベス」 が
取り付けられていまして、LIZZくんはそれににビビッて逃げていきました。(笑)

b0016423_23362915.jpg

LIZZくんはMELLのそばに近寄りたいんだけど、エリザベスの存在が
ネックになっていて、近寄れない
ご様子・・・シメシメ。(笑)

そして、食前の胃薬を飲ませて、
夕方のごはんをあげました。
ごはんが待ちきれない様子で、
出された途端、勢いよく食べてました。

食後には化膿止めの薬もあるので、飲ませます。










今日はまだ疲れているだろうと思って、いつもMELLが寝ている
お父ちゃんとお母ちゃんの寝室の和室に連れてって、休ませてあげることに。

BEBEたん・LIZZくんの 「アホコンビ」 が和室に入っていかないように
ガードを固めて、MELLをひとりにさせてあげました。

数時間経ったでしょうか、急に 「キャンキャン」 と泣き声がしたので
どうしたのかと思ったら、MELLが足を痛がっている様子でした。

左の前脚が痛いみたいで、立ってる間も床に左前脚をつきたくない様子です。

何だか息も荒い感じだし・・・どうしちゃったんだろ?(心配)

明日の朝まで様子をみて、あんまりヒドいようなら
また病院かな・・・?(涙)


b0016423_23374174.jpg

横になっている時もエリザベスが邪魔そうで
かわいそうですが、
これもMELLさんのため。(苦笑)











b0016423_2341070.jpg

痛々しいおなかです。(涙)
傷口が20cmくらいはあるでしょうか・・・?
わたしも開腹手術の経験が2回ほど
あるので、MELLの
痛みや辛さはよ~く
わかります(ノ_<。)
[PR]
by epstain | 2006-03-11 23:47

バンザイ!

本日のわんこ。

今日の夕方、MELLが入院している病院に電話をしてみました。
なんせ、全然面会に行かないので、MELLの様子が気になっちゃって。(笑)

           ●病理組織検査の結果はどーなったの?

           ●MELLの術後の経過はいかがなものか?

           ●いつ退院できるのか?

           ●入院・治療費など、いくらくらいかかるのか?


・・・など、気になることは山ほどありまして。(苦笑)


なんと!!MELLさんは、ごはんを少しずつ食べ始めていました~。


1回の量は少なめで、1日に3~4回に分けて食べているそうです。
食欲がとってもあるみたいで、出されたごはんはガッツリ食べているご様子。(笑)


なお、先生のお話によると・・・
病院に入院していること自体が、MELLちゃんにとっては
かなりのストレスになっているみたいなので、そろそろ退院して、
おうちでリラックスした雰囲気で様子を診ていった方がいいですね。

・・・とのことでした。



・・・というわけで!




明日、MELLさん とりあえず 退院 させていただくことになりました~ \(*^▽^*)/
よかったですぅぅぅぅぅ (ノ_<。)



みなさまにはご心配をお掛けしておりますが、とりあえず
おうちに帰ってこられる状態にまで回復したようです。
ありがとうございました~!!




ただ・・・MELLさんが帰ってきたら、BEBEたんとLIZZくんがきっと
嬉しくって、嬉しくって大騒ぎすると思うのです。(涙)
それが、MELLさんには迷惑だろうなぁ・・・。(苦笑)

明日は、BEBE&LIZZの 「アホコンビ」 を静かにさせないと!!(笑)
[PR]
by epstain | 2006-03-10 23:07

今日は何も変化ナシ。

本日のわんこ。

今日は、病院から連絡がなかったので、特に変化ナシです。
土曜日か、日曜日までは何もナイと思います。

MELLさんがいないせいか、BEBEたんとLIZZくんもいつもより
テンション低↓ です。(苦笑)

ごはんをあげても、何だか喰いつきが悪くて
ソワソワしながら食べてます・・・。

人間も、MELLの散歩がないので、時間の感覚がオカシクなってます。(笑)
朝はいつもどおりに起きても、散歩がないので早すぎちゃうし、
夕方は 「MELLの散歩があるから早く帰らなきゃ!」 ・・・っていうのが
常にあったので、つい早く帰るのですが、いないのでやることナシ。(苦笑)

それだけ、わが家にとってMELLさんの存在は大きいってことですね。


早く元気になって帰っておいでね、MELL。

[PR]
by epstain | 2006-03-09 23:48

術後の状況

本日のわんこ。

今日はMELLさんが手術をして、2日目です。

昨日の夜、主治医の先生からお電話をいただいて、手術の説明をしていただきました。
電話だけでなく、直接、先生とお会いして、昨日行なったことを詳しく聞きたいと思い、
家族を代表して、わたしが病院に行ってきました。

夕方の診察時間が16:00~なので、イチバンに病院に行ったら
先生がちょうどオペの最中で、30分ほどお待ちください・・・とのことでした。

すると、看護婦さんが気を遣ってくださって
 「待ってる間にMELLちゃんに面会します?」 と言ってくださったのですが、
ふと、わたしは考えてしまいました。

MELLが今どんな状態なのか、とっても気になる!会いたい!


・・・でも、
今MELLに会ったら、きっとMELLは 「ここ(ケージ)から出して!」 
ギャンギャン騒ぐだろうなぁ・・・そしたら可哀想だよなぁ。(涙)
・・・とスゴイ迷いました。(苦笑)


そこで、わたし : 看護婦さんに 
 「他のみなさんも面会ってされるんですか?」    ・・・ と聞いてみる。

看護婦さん : 苦笑しながらも親切に
 「みなさんされてますよ~」      ・・・とのこと。

わたし : まだ往生際悪く、
 「たとえば、MELLに気づかれないように顔だけ見る・・・なぁんてことはできないですかね?」

看護婦さん : 苦笑。

・・・と、こんなやり取りをしてみたのですが
結局、 「じゃあ、ちょこっとだけ。」  といって、面会することにしました。

んでもって、いろんなワンちゃんが入院しているお部屋へ。
ケージが3列・2段、6匹のワンちゃんが入院していました。(満床です。)
中には輸血をしている重症(?)なワンちゃんもいました・・・。

MELLは下段の真ん中のケージの中にいました。
わたしと眼が合った瞬間、一瞬わからなかったみたいでキョトンとしてましたが
すぐにMELL特有の  「ヒィー!ヒィー!ヒィー!」  という泣き声と
ケージの扉を開けろ、ここから出せ、と前脚で必死の抗議(?)をしだしました。

あまりにも、スゴイ泣き声だったので、 「こりゃアカン・・・」 と思い
1分もしないうちに、部屋を出ちゃいました。(苦笑)

部屋を出てからも、しばらくMELLの泣き声が聞こえてきて
 「うーん・・・可哀想なことしちゃったかなぁ?」  ・・・と、後悔の念。(涙)

しばらくして、先生に呼ばれて診察室でお話。
内視鏡で撮った写真を見せてもらって、手術の話を聞いてきました。

手術をした結果、胃が動き出したので、今は水下痢をしているそうです。
(何も食べていなくて、水分しか摂っていないので。)
この下痢が治まるまでは入院しなきゃいけないようですが、まぁこの調子だと
週末くらいには退院できるのではないか?・・・とのことでした。

それまでには、病理検査の結果も出ているので、
今後の治療方針も決めることができるそうです。

とりあえずは、よかったです!
少し、安心しました♪
[PR]
by epstain | 2006-03-08 23:44